基本的な考え方

古河電池では、安全が何よりも優先されるという文化の定着と、社員一人ひとりが働きがいを感じながら仕事に取り組める安全・安心・快適な職場環境の実現が、経営基盤の要だと考えています。

 

安全衛生への取り組み

古河電池では、年度ごとに全社安全衛生活動方針を定め、全社横断的な取り組みを進めています。当方針に基づき、「本質的な安全の追求(安全が確保される仕組みの構築など)」、「コミュニケーションによる個々人の安全レベルの向上」、「事業所の作業環境の改善」、「社員の心身の健康維持」などに注力しています。

主な取り組み事例

KYT(危機予知トレーニング)リーダー養成講義
拡大
KYT(危機予知トレーニング)リーダー養成講義
挨拶と指差呼称の声かけ運動
拡大
挨拶と指差呼称の声かけ運動
フォークリフト免許保持者向け技能講習
拡大
フォークリフト免許保持者向け技能講習

古河電池 健康経営宣言

古河電池は、2020年11月に「古河電池 健康経営®宣言」を制定しました。また併せて「健康経営推進体制」を確立することにより、これまでの安全衛生活動をさらに拡大し、社員の健康増進に向けた取り組みを全社横断的に加速させています。

 

 

【古河電池 健康経営宣言】

 

古河電池株式会社は、「社員の健康は重要な基盤」を経営課題とし、これまで安全衛生管理の一環として取り組んできましたが、今後は健康経営を意識した活動を推進し産業保健を強化して参ります。

 

当社の行動指針である「私たちは挑戦者である」を果たすためには、社員一⼈ひとりの心と身体の健康こそが基盤であると認識し、安全と健康をすべてに優先させ「誰もがいきいきと働き、挑戦し続けられる会社」の実現を図ります。

 

 

【古河電池 健康経営推進体制】

 

 

「健康経営®」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

 

労使協力で築く安全で快適な職場環境

円滑な経営と事業の発展を実現し、同時に労働条件の向上を図っていくには、労使のコミュニケーションが不可欠です。
古河電池では、以下のような労使対話の機会を設け、相互信頼を深めています。
 

  • 中央経営説明会:事業計画や決算についての説明(年2回)
  • 労使懇談会:事業部単位の月次実績の説明(月1回)
  • 労使小委員会:働きやすい職場環境の実現に向けた議論(月1回)
  • 労使安全衛生巡回:労使幹部による職場巡回、安全衛生活動のレビュー(年2回)

     
労使安全衛生巡回の様子
拡大
労使安全衛生巡回の様子