2018年6月13日

 

古河電池株式会社(本社横浜市保土ケ谷区、代表取締役社長:小野眞一、以下古河電池)はこのたび6月10日に福島県南相馬市原町区雫(しどけ)地区で開催されました、「第69回全国植樹祭ふくしま2018」に協賛し、社を代表して取締役会長:徳山勝敏がこの催しに参加致しました。

 

古河電池は、福島県いわき市に事業所があり、2011年に発生した東日本大震災の影響を受けて以降「復興・感謝・未来」をモットーに福島県いわき市から様々な活動に取り組んでまいりました。

災害の教訓をもとに開発された、非常用マグネシウム空気電池MgBOX(マグボックス)は、携帯機器の電池切れの不安を解消し情報収集や家族の安否確認を可能にするために2014年に開発・販売を開始致しております。

弊社では、「蓄える力、動かす力、見守る力で社会を支える」を企業使命として今後の活動に引き続き取り組んでまいります。 

全国植樹祭に参加<br/>(写真左:徳山会長 右:いわき事業所新妻所長)
拡大
全国植樹祭に参加
(写真左:徳山会長 右:いわき事業所新妻所長)
非常用マグネシウム空気電池「MgBOX」
拡大
非常用マグネシウム空気電池「MgBOX」
非常用マグネシウム空気電池「MgBOX slim」
拡大
非常用マグネシウム空気電池「MgBOX slim」

お問合せ先

古河電池株式会社 企画部

TEL:045-336-5078