[研究開発] 田井中

2016年入社

 

どんな人でも活躍の場がある、魅力溢れる企業です。

Interview

入社を決めたポイント

大学四年生の時にインターンシップで四ヶ月間古河電池の業務を体験させて頂きました。仕事をさせて頂く中で、会社の雰囲気がとても良く、先輩社員の方々が楽しそうに仕事をしている姿が印象的でした。インターシップ終了後、こんな人たちと一緒に仕事がしたいと思い入社を決めました。加えて、「電池」という業界の将来性の高さ、福利厚生制度、勤務地等の条件も入社のポイントとなりました。

現在取り組んでいる業務

入社してから現在まで、自動車メーカーに納める自動車用鉛蓄電池の開発に取り組んでいます。多くの方が日常的に使用している自動車も、電池が無ければ動きません。電池をお客様に長期間、安心して使って頂けるよう、自動車メーカーの方と相談しながら電池の目標性能を定め、その目標に向かって電池を開発しています。

やりがいを感じたエピソード

自分が開発に携わった電池が、自動車メーカーに採用された事です。当時自動車メーカーから、とある車のモデルチェンジに伴い電池の性能を上げるよう要望がありました。要求は大変厳しく、上手くいかないことだらけでしたが、諸先輩方や他部署の方からもご協力頂き、試作と評価を繰り返し、最終的に要求性能を満たす電池の開発に成功しました。この電池がメーカーから採用されたと報告を受けたときは、本当に嬉しかったです。

古河電池を一言で表現すると?

「ゼロから成長できる職場」

電池の研究を専門にしてきた方は少ないと思いますし、私もそうでした。そんな私が技術開発部に所属する事になり、本当に大丈夫かと当初は不安でしたが、豊富な説明資料と優しい先輩方からのご指導のもと、直ぐに仕事に慣れることが出来ました。古河電池は社内外での教育制度も充実しており、成長の機会が多く設けられています。会社のフォローで自身のスキルアップを図ることができる大変恵まれた職場だと思います。
 

学生さんへのメッセージ

自分が希望する企業の研究も勿論大事ですが、最初は自分自身の研究をしてみてはどうでしょうか。自分の強みと弱み、妥協出来る事と出来ない事等を整理する事で、企業研究の調べるべきポイントを絞れ、就職後のミスマッチをなくすことが出来ると思います。最初に就職する企業は、自分の人生に大きな影響を与えることになります。皆様にとって悔いの残らない就職活動になるよう応援しております。

Schedule ある日のスケジュール